お知らせ

B9C2C1DD-9705-46CF-89D2-FEFFE8C486A2.jpeg

体調良くても良くなくても、日々揉み続けていると体調の変化に気付きやすくなりました。

 

揉めない日が続くと、あしが揉みたくなります。

 

詰まってる感じを察知する感覚が敏感になっているのだと思います。

 

そんな時は、その反射区を念入りに揉んだりします。

 

あし揉みは不調の改善にも役立ちますが、健康な方もご自身の健康を守る為にも、取り入れて欲しいなぁと思います。